スポンサーリンク
スポンサーリンク

[2023年最新]堂安律の年俸推移と移籍金は?デビューから現在までを時系列で紹介!

堂安律 年俸推移 スポーツ
スポンサーリンク

この記事では、ワールドカップのドイツ戦でも大活躍した、サッカー日本代表の堂安律選手のこれまでの年俸推移を時系列で紹介します。

また、堂安律選手の移籍金や市場価格、生涯年俸の予想を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

[2023年最新]堂安律の年俸推移【デビューから現在まで】を時系列で紹介!

堂安律 年俸推移

引用:Goal.com

堂安律選手といえば、ワールドカップカタール大会の初戦だったドイツ戦で、見事に同点ゴールを決めたことで話題になりましたね。

サッカー日本代表であり、現在(2023年1月)はドイツのブンデスリーガ・SCフライブルクに所属する堂安律選手ですが、堂安律選手の年俸は現在(2023年1月)どれくらいになっているのでしょうか?

デビュー当時から現在までの堂安律選手の年俸を時系列で見てみましょう。

シーズン 在籍           年俸
2016年 ガンバ大阪 360万円
2017年 ガンバ大阪→フローニンゲン 600万円
2018年 フローニンゲン 3700万円
2019年 フローニンゲン→PSVアイントホーフェン 4000万円
2020年 PSVアイントホーフェン→ビーレフェルト 6900万円
2021年 ビーレフェルト→PSVアイントホーフェン 6900万円
2022年 PSVアイントホーフェン→SCフライブルク 6900万円

堂安律選手は、2018年にガンバ大阪からオランダのFCフローニンゲンに移籍していますが、その年の年俸は、前年の600万円から3700万円へと一気に6倍ほどに増加しています。

そして、堂安律選手はこれまでの6年間で、約3億円稼いでいることが分かりました。
堂安律選手の場合、才能があってまだまだ若いですから、これからどんどん稼いでいけるでしょうね!

堂安律の移籍金がスゴイ!

堂安律 年俸推移

引用:NHKニュース

堂安律選手はこれまでに5回移籍していますが、彼の移籍金について、時系列でまとめてみましたので紹介します。

年   所属            移籍金
2017年 ガンバ大阪→フローニンゲン 約2億6000万円
2019年 フローニンゲン→PSVアイントホーフェン 約8億8000万円
2020年 PSVアイントホーフェン→ビーレフェルト 移籍金なし
2021年 ビーレフェルト→PSVアイントホーフェン 移籍金なし
2022年 PSVアイントホーフェン→SCフライブルク 約12億7000万円

堂安律選手の2020年と2021年の移籍金がないのは、PSVアイントホーフェンからビーレフェルトへと、ビーレフェルトからPSVアイントホーフェンへの移籍はレンタル移籍のために、移籍金は発生していません

それにしても、2022年のPSVアイントホーフェンからSCフライブルクへ移籍した時の移籍金が、約12億7000万円というのはすごいですね。

その金額は、そのまま堂安律選手の市場価格と見てよいとしたら、今後の堂安律選手の年俸も上がっていくのではないでしょうか?

堂安律の市場価格は?

堂安律 年俸推移

引用:MBS毎日放送

次に堂安律選手の市場価格を、年代順に時系列で見ていきたいと思います

年月  所属           市場価格
2016年 ガンバ大阪 1300万円
2017年 ガンバ大阪→FCフローニンゲン 2000万円
2018年 FCフローニンゲン 約1億円
2019年 FCフローニンゲン→PSVアイントホーフェン 約10億円
2020年 PSVアイントホーフェン→ビーレフェルト 約13億円
2021年 ビーレフェルト→PSVアイントホーフェン 約9億円
2022年 PSVアイントホーフェン→SCフライブルク 約11億

この市場価格の表を見ると、2018年にFCフローニンゲンに在籍してから、それまでの市場価格が2000万円だったのが、1億円に上がっていて5倍にまで増加しています。

ただ、ここ数年の間では10億円前後で定着していますが、これは2022年の移籍金12億を考えると低迷しているというわけではなさそうです。

堂安律選手は、まだ24歳と若いですし、これからが期待できそうですね!

堂安律の生涯年俸は10億越え?

堂安律 年俸推移

引用:サッカーダイジェスト

堂安律選手の生涯年俸ですが、24歳(2023年1月現在)と若いですから、これから10年くらいは活躍できそうですね。

ただ、ここ3年は年俸も6900万円で横ばい状態となっています。

もちろん、日本人のサッカー選手の中では、高額の年俸になるでしょう。

堂安律選手が、これから海外のチームで実績を残していくのかどうかで、年俸も変わってくると思われますが、その辺の予想が難しいのは確かす。

堂安律選手がこの先、35歳くらいまで海外で活躍できるとして、生涯年俸を予測してみました。

堂安律 年俸推移

引用:FOOTBALL ZONE

ここ数年の堂安律選手の年俸は6900万円ですから、これを基準にしてあと11年間現役で活躍するとした場合、約7億6000万円は稼げそうです。

堂安律選手は、これまでに3億円稼いでいますから、生涯年俸は10億円以上といった予想となります。

ただ、この数字は堂安律選手が、海外でそこそこ実績を積むことを想定した生涯年俸となりますから、もちろんそれ以上も可能ですし、それ以下なのかもしれません

堂安律選手のプロフィールと経歴

堂安律 年俸推移

引用:ゲキサカ

名前:堂安律(どうあん りつ)
生年月日:1998年6月16日(2023年1月現在:24歳)
出身:兵庫県尼崎市
身長:172cm
体重:70kg
所属:SCフライブルク(2023年1月現在)
ポジション:ミッドフィルダー・フォワード

小学校時代、浦風FCに所属しながらヴィッセル神戸に通ってテクニックを磨いていた

中学校に進学するときに、ガンバ大阪ジュニアユースに入団

2015年、高校2年のときにガンバ大阪のトップチームに2種登録される

2015年5月27日、FCソウル戦でクラブ史上2番目になる16歳344日若さで公式戦デビューを果たす。

2017年6月23日、オランダのFCフローニンゲンに期限付きで移籍することを発表。

堂安律 年俸推移

引用:スポニチ

2018年4月23日、フローニンゲンに完全移籍を発表。

2019年8月27日、PSVアイントホフェンに移籍

2020年9月5日、ドイツ・ブンデスリーガのアルミニア・ビーレフェルトにレンタル移籍

2022年7月5日、ブンデスリーガのSCフライブルクに完全移籍を発表。

まとめ:[2023年最新]堂安律の年俸推移と移籍金は?デビューから現在までを時系列で紹介!

サッカー日本代表の堂安律選手の年俸について、デビュー当時から現在までの年俸の推移を時系列で紹介しました。

また、堂安律選手の移籍金や市場価格、生涯年俸も大胆予想してみました。

・堂安律選手の2023年現在の年俸は、6900万円
・最新の移籍金は12億7000万円
・2023年現在の市場価格は11億円
・生涯年俸は10億円以上

堂安律選手はこれからも成長しそうですから、今後の活躍が期待されますね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
みえるニュース
タイトルとURLをコピーしました