緑のすず乃保育園の園長・比嘉みどりの顔写真は?那覇市の赤ちゃん死亡事故

事故
スポンサーリンク

沖縄県那覇市の認可外保育園で、生後3か月の男児が亡くなるという事故が起きました。

その認可外保育園は、『緑のすず乃保育園』だということがわかりました。

『緑のすず乃保育園』の園長は誰なのでしょうか?調べてみました。

【那覇市】認可外保育園で生後3か月の男児が死亡

2022年7月30日、那覇市の認可外保育園で生後3か月の男児が亡くなる事故が起きました。

母親は同日の午前から、一時保育で男児を預けていたようです。

事故の経緯は、

母親が昼頃保育園に迎えに行く

15分以上たってようやく職員が男児を連れてくる

男児は白目をむいてぐったりした様子で、母親がその場ですぐに119番通報

救急車到着まで母親が心臓マッサージを行う

約1時間後、搬送先の病院で男児の死亡を確認

そもそも母親が迎えにきてから、15分も園は何をしていたのでしょうか?

職員は「さっきまで横向きに寝ていたので体が冷えている」と言って、男児を連れてきたようですが、本当に横向きで寝ていたのでしょうか?

母親が一目見て「死んでいるかもしれない」と思うほど、男児には異常が見られていたはずなのに、保育士はそれに気づかなかったのでしょうか。

保育園の対応には、疑問が多く残ります。

【那覇市】生後3か月の男児が死亡した認可外保育園は『緑のすず乃保育園』

緑のすず乃保育園 園長 顔写真

生後3か月の男児が亡くなったのは、那覇市の認可外保育園『緑のすず乃保育園』です。

在籍している保育士は2人しかおらず、事故が起こった日も、2人の保育士が子供たちを見ていたそうです。

『緑のすず乃保育園』の場所はどこ?

緑のすず乃保育園
〒900-0023 那覇市楚辺1丁目7番18号 真栄里ビル201

緑のすず乃保育園は住宅街の中にあり、住宅を改装したような外観ですね。

『緑のすず乃保育園』は改善指導されていた

認可外保育園『緑のすず乃保育園』は、2021年11月に那覇市より、乳幼児の安全確保について12項目の改善指導が出ていたようです。

那覇市は1か月以内に対応するよう園に求めていましたが、改善されていない状態だったようです。

緑のすず乃保育園 園長 顔写真

引用:那覇市HP

また、12項目の改善指導の内、10項目が”重要”となっており、保育環境に問題があったように思えます。

『緑のすず乃保育園』の一時保育料が安すぎ!

亡くなった男児の母親も、事故当日は一時預かりで緑のすず乃保育園に預けていたようですが、一時預かり保育料が安すぎて驚きました!

認可外保育園における一時保育の料金相場は、1時間あたり1,500~3,000円、1日あたり6,000~15,000円くらいだそうですが、緑のすず乃保育園は、1時間200円だそうです。

逆に安すぎて心配になってしまいますね。

緑のすず乃保育園 園長 顔写真

引用:緑のすず乃保育園HPより

緑のすず乃保育園の園長・比嘉みどりの顔写真は?

生後3か月の男児死亡事故が起きた那覇市の認可外保育園『緑のすず乃保育園』の園長は、比嘉みどりさんという方のようです。

緑のすず乃保育園 園長 顔写真

引用:緑のすず乃保育園HPより

園だよりに顔写真が載っていました。

緑のすず乃保育園 園長 顔写真

引用元:緑のすず乃保育園園だより

事故当時、保育士二人が子どもたちを見ていたとのことで園長の比嘉みどりさんがその場にいたのかは不明ですが、ちゃんと本当のことを話してほしいですね。

ネットの反応

保育士配置人数は足りていたのだろうか?無認可とはいえ最低限の保育士は確保するべき。午睡時にSIDSチェックは行っていたのだろうか??
こんなに小さい子どもを保育園に預けてまで働かなくてはならない国ってどうなんでしょう?しかも3ヶ月なんて、まだまだ24時間体制で見ていないと布団やクッションですら顔にかかったら窒息してしまう恐れがあるのに。
復職したくても認可保育園に当選しない、無認可に預けるしかない…そんな家庭が多いでしょうね。無認可だから劣悪だと決めつけるわけではないですが、こういう記事を見るとああやっぱりなと思ってしまう。

まとめ

沖縄県那覇市の認可外保育園で、生後3か月の男児が亡くなるという事故が起きました。

その認可外保育園は、『緑のすず乃保育園』で園長の名前は比嘉みどりさんだということがわかりました。

今後の続報を待ちたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました