スポンサーリンク
スポンサーリンク

米空軍F35A戦闘機は瀬戸内海上空のどこにいた?現在の状況まとめ

スポンサーリンク

2022年11月16日、午後4時過ぎに米空軍のF35A戦闘機瀬戸内海上空で緊急事態宣言を出しました。

瀬戸内海上空とはどのあたりにいたのでしょうか?

F35A戦闘機に何が起こったのか現在の状況をまとめました。

米空軍F35A戦闘機は瀬戸内海上空のどこにいた?

米空軍のF35A戦闘機が瀬戸内海上空で緊急事態宣言を出しました。

場所はどこなのでしょうか?

米軍基地のある山口県の岩国基地を出発し、周防大島周辺を飛行していたようですね。

緊急事態宣言は山口県の周防大島上空付近で出されたのでしょうか?

その機体は岩国基地へアプローチ中とのことですが、無事に帰着したのでしょうか?

米空軍F35A戦闘機は瀬戸内海上空 の現在の状況まとめ

2022年11月16日のF35A戦闘機の緊急事態宣言は、スコーク7700だと言われています。

スコーク7700とは?

ネットでは、スコーク007だったというツイートがいくつが出ていました。

スコーク7700とは、航空機に何かしら緊急事態が発生したときのコードだそうです。

このスコーク7700は稀に起こっているそうです。

今回は全国ニュースになっていましたし、緊急事態宣言と出ると

何か大変なことが起こったように思ってしまいますよね。

ネットの反応は?

まとめ:米空軍F35A戦闘機は瀬戸内海上空のどこにいた?現在の状況まとめ

2022年11月16日、緊急事態宣言を出した米軍のF35A戦闘機は山口県の周防大島上空を飛行しており、何らかの異常が出たのでしょうか?

一部では、既に岩国基地に降りたという情報もありますが、詳細はわかっておりません。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
みえるニュース
タイトルとURLをコピーしました